×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


本文へジャンプ  

 ネット株用語集−ザラバ 

 取引が行われている時間のこと、また、時間内に行われる取引のこと

 

 語源は「ざらにある場」、普通のことという意味のようです。ザラ場と書くこともあります。

 
前場の開始時の取引を寄り付きといいます。また、後場の終わりの取引を引けといいます。

 これら、寄り付きや引けの取引は、「板寄せ」という方法で、売りと買いの注文をいったん集め、それを比較して売買を成立させる方法を取ります。

 これに対し、寄り付きや引け以外の時間帯には、売りと買いの条件が合うごとに、どんどん約定していくことになります。
このような取引が行われる時間帯のことをザラバ、あるいはザラ場といいます。



ページTOP


 Copyright エクセルで儲ける 入門 ネット株