×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


本文へジャンプ  

 ネット株用語集−円高・円安 

 円の価値が高くなったり、低くなったりすることを言います

 ドルやユーロなどの国際的な通貨に対し、円の価値が高くなったり、低くなったりすることを言います。

 輸入に比べて、輸出が盛んな「車」を例にして考えてみます。

 TOYOTAやNISSANの車を20000ドルでアメリカに売ります。
 1ドルが100円の場合、車1台は200万円です。

 1ドルが120円になると、車1台は240万円です。
 1ドルが90円になると、車1台は180万円になってしまいます。

 1ドルを何円で買えるかと考えるとわかりやすいですね。

 1ドルを120円で買うか、90円で買うか、です。

 1ドルを90円で買えるほうが、円の価値は高いわけです。

 この現象を「円高」と言います。
 
 昨日まで1ドルを90円で買えていたのに、今日は120円も出さないと買えなくなるのは、円の価値が下がったわけですから、「円安」と言います。

 車産業に比べ、食料品や石油産業は断然輸入が多くなります。

 50ドルの原油を1ドル90円で買うか、1ドル120円で買うかは、たいへんな違いになります。

 こうしてみると、一般に、輸出産業では「円安」が有利、輸入産業では「円高」が有利となります。

 しかし、経済環境全体の動きが微妙に影響してくるため、一概に断定できない面も含んでいます。

 


ページTOP


 Copyright エクセルで儲ける 入門 ネット株