×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


本文へジャンプ  

 ネット株用語集−FTTH

 光ファイバーを利用した通信サービス

 Fiber To The Home

光ファイバーを使った家庭向けのデータ通信サービス。

もともとは、一般家庭に光ファイバーを引き、電話、インターネット、テレビなどのサービスを統合して提供する構想につけた名称でしたが、現在では、そのための通信サービス全体の名称として用いられるようになっています。


 鋼を使ったこれまでの電話回線の数十倍以上の高速伝送が可能な大容量・常時接続の通信サービスを「ブロードバンド」と呼んでいますが、中でもFTTHは最も高速であることから、ブロードバンドの主軸として期待されています。

しかし、回線網を新たに敷設しなければならないため、ADSLなど既存インフラを活用する他のサービスに比べれば普及の速度は鈍いようです。


 2001年にNTT東日本・西日本が開始した光ファイバーによる常時接続サービス「Bフレッツ」が引き金となり、急速に光ファイバー通信サービスの加入者が増加しています。

一般的に大容量である音楽や動画などの受信・ダウンロードはFTTHで行われます。



ページTOP


 Copyright エクセルで儲ける 入門 ネット株