×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


本文へジャンプ  

 ネット株用語集−EPS

 1株あたりの当期利益

 Earnings Per Share

 1株に対する利益の額をを表したもので、税引き後利益を発行済み株式総数で割った額をいいます。

 1株利益、1株益、1株あたり利益、1株あたり当期利益などと、さまざまな呼び方があります。

 値(あたい)の推移を見ることにより、企業の成長力などを推し量る参考になります。

 EPSは、株価÷1株利益という計算でPERを求める時に使う重要なデータです。
 
 PERは、収益力から株価の割安さを測るもので、最も広く使われている株価指標の1つです。

 ただし、PER計算でEPSを使う場合には、その時の当期利益に大きな特別損益が入っていないかとか、前年までに大きな累積損失があって法人税が免除されていないかという点に注意し、そうしたケースに該当する場合には、その分を修正して使う必要があります。

 
 企業が増収増益だと言っても、過去数年分のEPS、つまり1株あたりの利益の伸び率をみると、ほとんど変わっていない企業が多いものです。

 その企業の利益も重要ですが、EPS、つまり1株あたりの当期利益がどれだけ動いたかを見るほうが、その企業の真実の力を見ることができるといえます。


ページTOP


 Copyright エクセルで儲ける 入門 ネット株