×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


本文へジャンプ  

 ネット株用語集−ADSL

 電話回線を利用した通信サービスの一つ。
 Asymmetric Digital Subscriber Line

 電話の音声を伝えるのに使われていない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なう、xDSL技術の一種。 一般の電話に使われている、一対の電話線を使って通信する。


 「asymmetric(非対称)」の名のとおり、ダウンロードに使う電話局→利用者方向(下り)の通信速度とアップロードに使う利用者→電話局方向(上り)の通信速度が、通信方向によって違っている。

 ADSLが使っている周波数帯は電気信号の劣化が激しいため、ADSLを利用できるのは電話局からの距離がおよそ6〜7kmまでの電話回線に限られる。
 
 また、ADSLを利用できる電話回線でも、実際の通信速度は回線の距離や質に大きく影響される。


 一般的にブロードバンドと呼ばれ、常時接続・高速通信が可能。

 インターネットの接続方法は、一般電話回線によるダイヤルアップ通信、ISDN、ADSL、FTTH(光ファイバー)と変化してきました。

 インターネットの使い方にもよりますが、ISDNで十分な場合もあります。


ページTOP


 Copyright エクセルで儲ける 入門 ネット株